Mayumi Boelens_Logo.png
woman laying on the bed

「私の人生こんなはずじゃなかった…」

子どもなんて望めばすぐ授かると思ってた。

年齢に関係なく医療の手を借りれば妊娠すると思ってた。

友達や同僚は次々に妊娠、出産し、幸せな家庭を築いている。

自分は何をしているんだろう。

私の存在意義や価値ってなんだろう。

 

 

なんで私だけがこんなに苦しい思いをしないといけないんだろう。

 

「あなたは一人じゃない ― You are not alone 」

​FLOW JOURNEY PROGRAM

不妊症、不育症などが原因で予想もしていなかった人生のストーリー展開に行き詰まり、

不安、あせり、恐怖感、怒り、嫉妬、罪悪感、恥、自己嫌悪、自信喪失など、

様々な感情が絡み合い解けなくなることがあります

FLOW Journey Programは 

そんなあなたの心のプロセスをコーチMayumiとstep by stepで、

ゆっくり紐解いていくジャーニーです。

​Menu

 

こんな方に寄り添うプログラム

 

1.長期不妊治療中の女性

 

  • 次の医療ステップへ進むか辞めるか決められない

  • 期待と落胆の繰り返しに精神的にも身体的にも疲れを感じている

  • 周りに今の精神状態を話せる人がいない (クリニックにもカウンセラーがいない)

  • 不妊治療終結のその先の人生が見えない不安

  • 不妊について夫とのコミュニケーションに悩む

  • 友人がどんどん妊娠してプレッシャーや孤独を感じる

  • 「私は女性として役立たず」と感じ、自尊心が喪失しそう

  • 「こんな私と結婚した夫に申し訳ない」と、自責の念、罪悪感を抱いてしまう

 

 

2.子どものいない女性

 

  • 流産を経験した心の傷が癒えず、何もやる気がおこらない (グリーフ)

  • 夫/自分どちらかが子どもを欲しくないことで意見が不一致

  • 後悔や罪悪感が残り、なかなか前向きに将来の人生設計ができない

  • 子供を諦めたけどやっぱりモヤモヤする気持ちが抜けない

  • 友人や芸能人の「ご報告」に落胆したり、嫉妬心を抱いてしまう

  • 自分の存在意義、自己価値が分からない 

  • 子どもが欲しくない、母性がない、そんな自分は女としておかしいのか?と悩む

ボレンズ真由美

 

上記で悩んでいる方に「さぁポジティブに未来に向かってシフトチェンジしましょう」と言ってもエンジンは効きません。 

それはコーチMayumi自らの8年間の不妊治療体験を通してよく理解しています。

 

それでも様々な葛藤や悩みを乗り越えて、マインドシフトできたのは、自分とじっくり向き合うプロセスを時間をかけ、ステップを踏んで(段階を踏んで)行ってきたからです。

FLOWジャーニープログラムは

NLPテクニックとコーチMayumi自らのマインドシフトメソッドを基にデザインされた6ステップのプログラムです。

6 Steps to create

“Your Fulfilling Life”

  1. Surrender (降参する)

  2. Release (手放す)

  3. Accept (受け入れる)

  4. Embrace (抱きしめる)

  5. Design Your Future(幸せな人生計画)

  6. Live it & Love it (その人生を愛する)

FLOWジャーニープログラム
 
 

プログラム紹介動画

準備中

 

​プログラム内容

6 Steps to create

“Your Fulfilling Life”

・まずFulfilling Lifeとは

 

日本語で「充実した/有意義な生活・人生」を意味し、FLOWの名前のコンセプトでもあります。

 

子どもを産み育てるということは、自分がその小さな命にとってかけがえのない存在として在り続ける意義、自分が生きる目的を明確にしてくれます。その目の前にある明確な責任やタスクが自分の「生き甲斐」となって、ある期間を充実感、幸福感で包んでくれるでしょう。

 

一方で、子どもを望んでいたのに授からなかった人にとって、他に得られる充実感とはなんでしょうか。

例えば、未来の家族のために建てた一軒家も、将来の子供部屋も、出産・養育費のための貯金も、

不妊治療のために費やしたお金も時間も今となってはなんの意味を成すのでしょうか。

 

人によっては、他の意義を自分ですぐに見出し、Plan Bとして備えておいた別の未来にシフトチェンジできる人もいるでしょう。

でも実際は多くの女性が自分の存在意義や価値を見失ってしまい、自己喪失に陥ってしまいがちなのです。

・充実感のある人生をきりひらくFLOW Journey Programとは

 

FLOW Journey Programは6つのステップを経ていくことで、自分自身や置かれた状況としっかり向き合い、受け入れ、そこから新たな自分の存在意義や価値を見出していく心のジャーニー [旅] です。

ジャーニーの目的地には、今よりも自分自身をより理解することで得られる「自分らしさ」や充実感を感じられる生活が待っています。

 

そのジャーニーを一緒に伴走するのが、同じようにLossを体験し、たくさんの涙を流しながら自分や状況としっかり向き合った経験を基に、本プログラムをデザインしたコーチMayumiです。

 

未来へのジャーニーに持っていけるスーツケースが1個だとしたら、あなたは何を手放し、何を詰めますか?

 

その選別をお手伝いするのもコーチの役目です。

・なぜステップが必要なのか

 

理想の家族像を夢見てきた人にとって、夢を諦めるということは、思い描いていた未来を失うLoss(喪失)でもあるのです。

Loss(喪失)という言葉は自分の大切な人をこの世から失うという死別によく使われる言葉です。

大切な存在を亡くしたことへの悔しさ、混乱、怒り、淋しさ、空虚感など複雑に入り混じる感情を自分の中でプロセスするには時間を要します。 そのプロセスの時間を「グリーフ」と呼びます。

 

上で述べたように、Lossには死別だけではなく、自分から奪われた大切なものすべてを意味するということについては、実は日本ではあまり認知されていません。

例えば、突然の解雇、離婚、失恋、強く望んでいたけど叶わなかった夢(結婚、出産)など。

そのようなLossにもグリーフのプロセスが必要なのです。

 

グリーフのプロセスとして以下が重要となります。

  1. 自分のコントロールではどうにもできないことへお手上げをする Surrender

  2. 自分の感情を放ち・理想や期待を手放す Release

  3. 自分と未来を受け入れる Accept

  4. 受け入れたものをしっかり抱きしめてあげる Embrace

 

これらのジャーニーを経て初めて、充実感のある人生への計画(⑤以降)ができるのです。

・ステップをスキップするとどうなるのか

 

周りに相談できる相手や自分の弱さを曝け出す勇気がないことで、自分の感情にフタをしてしまうことがあります。

「私は大丈夫」と言い聞かせながら、無理やり前に進もうとすると、その感情たちはブラックボックスに押しこめられ、無かったことのように心の隅に追いやられるのです。

一時的にはポジティブに過ごせたとしても、ふとした瞬間にそのフタが開き、感情が溢れだしてコントロールできなくなる。

その繰り返しを、中年期、更年期とともに数十年(長い人は70代まで)続けてしまうことになるのです。

 

自分のブラックボックスを開けるのは怖いものです。

でもその感情たちを表に出して、しっかり向き合ってあげる必要があるのです。

そのファーストステップとして必要なのは「向き合う勇気」そして「手放す勇気」かもしれません。

Black Box.png
 

6 Steps to create

“Your Fulfilling Life”

STEP 1

Surrender (降参する)

“I give myself permission to surrender to the facts as it is,

and I'm ready to move on."

1.Surrender2.png

ここでは…

  • 助けが必要な自分を許す

  • 脆い自分や”大丈夫じゃない自分”を許す

  • 状況や出来事を受け入れ

  • 自分のコントロールではどうしようもできないことにお手上げ(降参)する

  • 無力感や失望感から今まで自分を守ってくれた鎧を外す

  • 様々なグリーフの種類、あなたのグリーフを知る

セッション: 1回 (90分)

 

次回セッションまでの間隔:1−2週間(セルフワークあり)

Surrender

STEP 2

Release (手放す)

“I let go off how my life was supposed to be and open my arms to uncertainty."

ここでは…

  • 「私の人生こうなるはずだったのに」という過去の理想や想定、期待を手放す  

  • 現在の感情を全て外へ出して並べる

  • 手放したいもの、未来へ持っていきたいときめくものを選別をする

  • 状況や他人の感情をコントロールしようとする自分を手放し、自分のコントロールで変えられるものにエネルギーを注ぐ

  • 他人が自分をどう思うかの不安や心配を手放す

 

セッション: 1回 (90分)

 

次回セッションまでの間隔:1−2週間 (セルフワークあり)

Release

STEP 3

Accept (受け入れる)

"I accept who I am and what new adventure brings me.”

ここでは…

  • 「自分」を深く学び、ありのままの自分を受け入れる

  • 他人やパートナーのことを深く学び、受け入れる

  • 自分の人生に無いものから既にあるものにフォーカスを向ける

  • 新しい物事、アドベンチャーを受け入れる

 

セッション: 3回 (90分)〜  

*プロセスにより追加の可能性あり

 

次回セッションまでの間隔:1週間 (セルフワークあり)

グループセッションへ参加 (希望者のみ)

Accept

STEP 4

Embrace (抱きしめる)

"I give myself a permission to love who I am again”

ここでは…

  • これまでの自分、今の自分、これからの新しい自分をしっかり抱きしめる

  • 自分のコアバリューを知る

  • 自分の潜在的なニーズを知り、それを他人へ伝えるためのコミュニケーションテクニックを学ぶ

  • セルフコンパッションについて学ぶ

  • リソース(経験、センス、才能、知識、ネットワークなど)を見つける

 

セッション: 3回 (90分)〜  

*プロセスにより追加の可能性あり

 

次回セッションまでの間隔:1週間 (セルフワークあり)

 

・グループセッションへ参加 (希望者のみ)

Embrace

STEP 5

Design Your Future

(幸せな人生計画)

"I'm resilient and I will rise again.”

ここでは…

  • 助手席に座っていたあなたが運転席へ移動しハンドルを持ち、自分がドライブする人生へ(人間関係、仕事、将来設計など)

  • ステージ4で見つけたリソースを使って、目的地を定め走り出す

  • 自分の存在意義、価値を知る

 

セッション: 2回 (90分)〜  

*プロセスにより追加の可能性あり

 

次回セッションまでの間隔:1〜2週間 (セルフワークあり)

 

・グループセッションへ参加 (希望者のみ)

・FLOWコミュニティへのサポート(希望者のみ)

Driving

STEP 6

Live it & Love it

(その人生を愛する)

"I wouldn't have it any other way. 

This is no longer my Plan B.

This is my life I chose”

ここでは…

  • あなたが再構築した人生を実際に過ごし愛するプロセス

  • Plan BからPlan Aへマインドシフト

  • FLOWコミュニティへの循環サポートを考える(*)

例えば

  1. FLOW advocateとして声を上げる  

  2. FLOW podcast であなたのジャーニーをシェアする

  3. FLOWアンバサダーとして他の女性をサポートする

 

  • 修了書の受理 (→アンバサダー認定)

  • FLOWアンバサダーとしてグループセッションのファシリテーターを担当する(*)

 

*希望者のみに機会が与えられます

プログラム参加者全員がアンバサダーやサポーターになる必要はありません

 

 

セッション: Step5の3ヶ月後に1回 (90分)のみ 

(プロセスにより追加の可能性あり)

Feeling Great

​プログラム詳細

< 対象者 >

・長期不妊治療中の女性

・不妊治療終結後の女性

・子どものいない30代後半〜50代女性

< クライアント特典 >

・コーチと直接メッセージ(Email, LINE)可能

・グループセッションへの特別ご案内

・イベント /ワークショップへの優待

< 実施期間 & 料金 >

 

​1セッション = 90分

FLOW Journey Program2.png

<備考>

綿密なヒアリングと有効的な質問によって、クライアントの潜在意識、感情、思考、行動に働きかけ、クライアント自らの意思で目標達成や自己実現を促すものです。よって医学的治療・診断・精神分析・心理療法を目的とするものではありません。

コーチングを通して医学的治療が必要と判断したクライアントにはコーチングを中断し、精神科診療をお勧めすることもあります。

 

またコーチはクライアントから公開の同意を得ない限り、セッションで取得した情報の守秘義務を守ります。

 
 
 
 
 
 
 

セッション開始までの流れ

コーチングセッションまでの流れ.png

・NLPアセスメントとは

セッション内容をよりカスタマイズするため【自分をもっと知る13の質問】と【ライフバランスシート】の2点に回答いただき、初回セッション前に送付いただくものです。

 

まずはケミストリーコールで相談

あなたの将来を一緒に考え歩んでいく伴走者であるパーソナルコーチ。

だからこそコーチとのフィーリングが合うかを確かめてからコミットしたいですよね。

 

セッションに興味がある方は、30分の無料相談(ケミストリーコール)へお申し込みが可能です。

そこでは実際にコーチとの会話を通して、自分がセッションで得たいもの、セッションの流れ、期間、スタート時期、不安点の明確化などの擦り合わせをしていきましょう!

 

30分無料ケミストリーコールへ申し込む (Googleフォームへジャンプ)

 

「​こんな人生なんて想像してなかった」

そんなあなたへ
​無料相談受付中

不妊コーチ